講談社ラノベ文庫
2011年12月創刊のレーベル。
読者に愛される“キャラクター”を生み出し、“キャラクターにファンが惹きつけられる”
正統派ライトノベルがコンセプト。
アニメ化やコミカライズ等、積極的なメディアミックスを展開中。


講談社ラノベ文庫は毎月2日発売です。

【特典情報】次期公爵夫人の役割だけを求めてきた、氷の薔薇と謳われる旦那様が家庭内ストーカーと化した件

こんばんは。

本日は、Kラノベブックスf 1月刊、年内最後の発売となる

著:皐月めい
イラスト&漫画:石沢うみ
両先生による

次期公爵夫人の役割だけを求めてきた、氷の薔薇と謳われる旦那様が家庭内ストーカーと化した件


の特典情報のお知らせです!
気になるあらすじはこちら!

ーーーーーーーーーーー
病弱だった前世の記憶を持つグレンヴィル伯爵家のヴィオラ。
不自由だった前世を取り戻すために今世では人生を楽しみ尽くすつもりだったが、
父親同士が親友だったという、王国を代表する大貴族
フィールディング公爵家の長男との結婚を決められてしまう。

氷の薔薇とも謳われる美貌の次期公爵・アルバートとの結婚は
自由を求めるヴィオラとしてはうれしくないが、病に伏した公爵の頼みは断れない。

盛大な結婚式を終え、ろくに食事もとれないまま
初夜を旦那様――アルバートと迎えるはずが3時間以上も待たされ、
しかも現れて早々に言われたのは

「……あなたに、ひとつだけ言っておきたいことがある」
「はい」
「私があなたを愛することはない」
「は?」

そちらがそのつもりなら私も自由にやらせてもらいます!
マイペースで楽しそうに過ごすヴィオラに、暗い雰囲気だった公爵家、そしてアルバートも
少しずつ変わっていくが、彼がそうなったことには理由があって――!
ーーーーーーーーーーー

なんだか不穏な始まりですが、一体ふたりは――!?

気になるところですが、ここで特典情報です!

ゲーマーズ様

皐月めい先生書き下ろしSSペーパー
「お酒と看病」


ゲーマーズ様_家庭内ストーカー

メロンブックス様

皐月めい先生書き下ろしSSペーパー「お酒と本音」

メロンブックス様_家庭内ストーカー


システム登録店舗様

皐月めい先生書き下ろしSS「わがままを言わないと出られない部屋」

WEBまるこ_家庭内ストーカー


豪華特典、ぜひチェックしてみてくださいね!

そんな今作品、
イラストも手がけられた石沢うみ先生による漫画連載が先行しており、
現在も連載中&コミックス発売中です!




この年末は漫画と小説で決まりですね!









【特典情報】『勇者パーティを追い出された器用貧乏6』

カテゴリ:
ssです。
講談社Kラノベブックス、
1月新刊担当作の特典情報ご紹介です!

★勇者パーティを追い出された器用貧乏6 ~パーティ事情で付与術士をやっていた剣士、万能へと至る~

都神樹先生による
「小説家になろう」にて大人気のファンタジー作品を、
きさらぎゆり先生にイラストご担当いただいております、
シリーズ累計200万部突破の大人気作品!
よねぞう先生によるコミカライズもニコニコ漫画「水曜日のシリウス」にて好評連載中です!


【内容紹介】
----------
王女ルシラから、各地の迷宮攻略の依頼を受けたオルン。
パーティを組んだフウカとハルトとともに、着実にミッションをこなしていく。
そんな中、ソフィアが強制的に実家に連れ戻されてしまう。
彼女の父親クローデル伯爵は、こともあろうに戦争中である帝国の貴族と、ソフィアをむりやり結婚させようとしているのだ。
しかも、その陰謀の裏には、オルンたちの敵である、《シクラメン教団》の存在があるようで――!?
「だからソフィー、お前の〝本音〟を聞かせてくれ」
「小説家になろう」発の人気ファンタジー、待望の第六巻!
コミカライズも好評連載中!

----------

メロンブックス様
都神樹先生書き下ろしSSペーパー】
kiyoubinbou6_melon_blogsam

----------
『クローデル家の長女と次女』
 
 雪が降り始めた十二月のとある日。
「あ、おかえり、お姉ちゃん」
 大迷宮の探索を終えて自室へと帰ると、先に帰宅していたソフィアが笑顔で出迎えてくれた。
 あぁ……。ソフィアはいつ見ても可愛いな……。
 ソフィアの笑顔を見ただけで今日一日の疲れが吹き飛んでしまった。
「ただいま。夕飯はもう食べたのか?」

----------

また、電子版にはきさらぎゆり先生描き下ろしイラスト都神樹先生書き下ろしSSがつきます!
kiyoubinbou6_denshi_blogsam

----------
『クローデル家の次女と長男』

 オルンさんや《黄昏の月虹》のみんなとキャロルの成人祝いを兼ねた飲み会を終えて、与えられた部屋でのんびりしていると、クローデル家の侍女服を着た女性が私の部屋へとやってきた。
「お休みのところ申し訳ありません、ソフィア様」
「いえ、大丈夫ですけど。それより、何で様付け……?」
「ソフィア様はマリウス様の妹君でございますから、当然でございます」
「そう、ですか……。あの、それで、私に何かご用ですか?」
「はい。実はマリウス様がソフィア様との面談を希望されておりまして」

----------





盛りだくさんの特典、ぜひお楽しみに!





どうぞよろしくお願いいたします!

【特典情報】『冰剣の魔術師が世界を統べる8』『婚約破棄した相手が毎日謝罪に来ますが、復縁なんて絶対にありえません!』

カテゴリ:
ssです。
講談社ラノベ文庫&Kラノベブックスf
12月新刊担当作の特典情報ご紹介です!

★冰剣の魔術師が世界を統べる8 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する

御子柴奈々先生による
「小説家になろう」にて大人気の圧倒的学園ファンタジーを、
『銃皇無尽のファフニール』『アークエネミー・スクールライフ』などで大人気のイラストレーター、
梱枝りこ先生が彩ってくださった人気作!

アニメも好評御礼
の本作、待望の最新刊です!

アプリ「マガポケ」でのコミカライズも好評連載中


【内容紹介】
----------
レイの前に現れた、魔術の祖であるフリージア。彼はレイに語る。
魔法と魔術の関係。七大魔術師や抑止力というシステムの存在理由。
あの極東戦役さえまだ通過点でしかない、現代へと続く因果を――。
そんな中、夏休みに入ったレイはキャロルと旅行に行くことになる。
アメリアたちとの出会いもありつつ、海や夏祭りなどを楽しむレイ。
星空の下で語られる、キャロルの過去と、その胸に秘められた想い。
「だから、過去に囚われ続けるんじゃなくて、未来も見ないとね?」
そして、魔法の世界を取り戻すために、優生機関のリーダーである
ライナスが、ついにこの世界の抑止力であるレイと邂逅する――!
TVアニメ化&コミックも好評の王道学園ファンタジー待望の第8巻!

----------

メロンブックス様
御子柴奈々先生書き下ろしリーフレット】
hyoken8_melon_blogsam

----------
『未来への軌跡』


「はぁ。今日も疲れたわね……」
「そうですわね」
 アメリアとアリアーヌは二人きりで話をしていた。
 現在はちょうどパーティーが終わったばかりであり、二人は外で涼んでいる最中だった。
「そういえば、あの件は聞いた?」
「えーっと。観光地の件ですの?」
「そうそう」
 王国で新興事業が始まろうとしている。観光業にさらに力を入れるという話は、すでに二人の耳にも届いていた。

----------

ゲーマーズ様
御子柴奈々先生書き下ろしペーパー】
hyoken8_gam_blogsam

----------
『レベッカの苦悩』

「マリア……っ!」
「どうしたのお姉ちゃん」
 ブラッドリィ家での出来事である。
 レベッカは突然、ノックもせずにマリアの部屋に入ってきた。
 これが初めての出来事ならば、マリアも文句を言うのだが、最近では珍しいことではないのでマリアは冷静に対応する。
「レイさんがぁ……」

----------

また、電子版には梱枝りこ先生描き下ろしイラスト御子柴奈々先生書き下ろし小説がつきます!
hyoken8_denshi_blogsam

----------
『人生初の風邪』

「ごほっ……」
「ぐぅぅ……」
 別々のベッドで並んでいるのは、リディアとアビーだった。
 ちょうどみんなで旅行で行こうと話をしていたのだが、まさか風邪を引いてしまった二人。
 特にリディアは今まで風邪なんてものとは無縁だったので、かなり参ってしまっている。
「まさか……私が風邪を引くことになるとは……」
「確かに、珍しいな」
 今回の風邪が発覚したのは、アビーとリディアの二人で晩酌をした翌日のことだった。

----------




★婚約破棄した相手が毎日謝罪に来ますが、復縁なんて絶対にありえません!

Kラノベブックスf!
櫻井みこと先生による
webで人気のファンタジー作品を、
フルーツパンチ先生にイラストご担当いただいております!
コミックも好評連載中!


【内容紹介】
----------
「すまなかった」
新米修道女になった公爵令嬢サーラの前で頭を下げている男性――
かつて彼女の婚約者であった、王太子カーティスだ。

聖女の生まれ変わりを自称する男爵令嬢エリーに夢中になったカーティスは、サーラに、婚約を破棄すると言い放った。
突き付けられた罪状は、すべて冤罪だったけれど――。
疲れ果てていたサーラは、それを受け入れた。
激怒した両親に修道院に送られるも、これでようやく静かに暮らせると安堵するサーラ。
それなのに、なぜかカーティスが修道院に現れて謝罪する。
いまさらそんなことを言われても、復縁なんて絶対にありえません。
「わたしのために何かしたいのなら、もう放っておいてください」

そしてサーラは、修道院を離れ、隣町にある孤児院の手伝いをすることになる。
そこで彼女は、どことなく優美な雰囲気を持った不思議な男性・ルースと出会い……!?

----------

メロンブックス様
櫻井みこと先生書き下ろしSSペーパー
konyakuhakishitaaitega_melon_blogsam

----------
『手紙』

 サーラは夜中にふと、目が覚めた。
 広い屋敷は寝静まっていて、人の気配はない。
 夜のあまりの静けさに、ふいに寂寥感に襲われて、ゆっくりと身体を起こした。
 ルーフェスの妻となり、このソリーア帝国に移住してから一年が経過している。
 充実した忙しい日々を送っていたが、こうしてたまに、夜中に目が覚めてしまうことがある。
 それはきまって、忙しいルーフェスが不在の夜だ。

----------

ゲーマーズ様
櫻井みこと先生書き下ろしペーパー】
konyakuhakishita_gam_blogsam

----------
『幸福に思う』


 最近は忙しくて、ほとんど公爵邸から出ることはなかった。
 その間に、季節は移り変わっていたようだ。
 馬車から見える景色に、サーラは目を細めた。
「もう秋なのね」
 そう呟くと、隣の少女がくすりと笑う。
「そうですわ。ですから、次の外出ではもう少し、厚手の上着を着てくださいね」
 まるで年上の侍女のようにサーラを嗜めるのは、ロードリアーノ公爵家で行儀見習いをしているアリスという少女だ。

----------

また、電子版には櫻井みこと先生書き下ろし小説がつきます!
----------
『追憶の音色』

 帝都にある古い大聖堂が、解体される。
 それをソリーア皇帝となったレナートにそう聞いたルーフェスは、思わず窓の外に視線を移していた。
 帝城にある皇帝の執務室からは、帝都の様子を一望することができる。
 ほぼ中央に位置している帝都の旧大聖堂は、今は老朽化によって立ち入りが禁止されていた。
 歴史のある建物ではあるが、技術が今よりも発展していなかった時代の建設物だ。
 修繕しても危険だと考えたレナートの曾祖父は、帝都内に新しく大聖堂を建てていた。
 きっと数年前までは使われていた旧大聖堂の鐘楼も、同じように取り壊されてしまうのだろう。
 亡くなった妹のエリーレは、その鐘の音が好きだった。

----------

また、本作、
書泉様にて、有償特典つき版が発売となります!
書泉様限定有償特典アクリルコースターと、限定SSペーパーの画像はこちら!
konyakuhakishita_shosen_co_blogsam

konyakuhakishita_shosen_paper_blogsam




盛りだくさんの特典、ぜひお楽しみに!




どうぞよろしくお願いいたします!

王子、婚約破棄したのはそちらなので、恐い顔でこっちにらまないでください。 あとがき特別掲載

こんにちは。

11/2 発売のKラノベブックスfの新刊

著:真曽木トウル
イラスト:足立いまる

のコンビでお贈りする

王子、婚約破棄したのはそちらなので、恐い顔でこっちにらまないでください。

9784065339206


について、
実は本文がページいっぱいであとがきが入らなかったため、
真曽木先生にお書きいただいたあとがきを特別掲載いたします!

 

あとがき

 

『王子、婚約破棄したのはそちらなので、恐い顔でこっちにらまないでください。』
をお読みいただいた皆様、ありがとうございます。楽しんでいただけたでしょうか?

この小説はもともと、別の小説を書いている時にスピンオフとして浮かんできたもので、

「せっかくできたし、一緒に投稿してみるか」……と、同じ『小説家になろう』に投稿したのですが、元の作品を差し置いてそれまでに経験したことがないほどたくさんの方に読んでいただき、ついには初めての書籍化のお話をいただくということになり……。

中学一年生の夏休みに初めて小説を完結まで書き上げた時から早●●年、小説を書いては諦め、また書き始め……と長年試行錯誤してきた身としては、何とも不思議な気持ちになります。

書籍化にあたり、テイレシアとヴィクターのデートシーンやラブラブトークなどを加筆しましたが、書きながら「本当にこの二人相性いいな……」と実感しました。この二人はこれから先、間違いなく楽しい人生を歩むだろうなーと思います。

お声がけくださり、この本が刊行されるまでのすべてでお世話になりました『Kラノベブックスf』の担当編集様、本当にありがとうございました。

また、天才的なキャラクターデザインや衣装、美しくてカッコ良くてキュンキュンする素晴らしいイラストをあげて下さった足立いまる先生にも、深く感謝申し上げます。拝見するすべてが眼福でした。中でもヴィクターがものすごくカッコ良くてときめきました!

コミカライズの三枝えま先生と担当編集様も、いつもありがとうございます。コミカライズは、加筆した書籍版のストーリーをベースに、コメディの切れ味とイチャラブを増し増しに面白く描いていただいているので、小説の結末を知っていても楽しめること間違いなしです。

最後に、『王子、婚約破棄したのは~』web版を読んでいただいた読者様、webに載せている同シリーズのスピンオフ作品も読んでくださっている読者様、そしてこのたび書籍をお手に取ってくださった読者様、皆様に心より感謝申し上げます。楽しんでいただけたことを祈りつつ、〆とさせていただきます。


あとがきここまで

気になる本編もぜひご覧ください!

また、こちらの作品、店舗特典も付いております。

メロンブックス様

書き下ろしSSペーパー
タイトル:結婚式のクロノス

ゲーマーズ様

書き下ろしSSペーパー
タイトル:8年前、カサンドラとクロノス

また、一分書店様でもSSペーパーが付いてきます!
タイトル:ヴィクターは私の髪が好き

ぜひ,書店様店頭でご覧ください!

「小説」が作品に密接に絡むこちらの作品、ぜひお楽しみください!




【特典情報】『戦場の聖女 ~妹の代わりに公爵騎士に嫁ぐことになりましたが、今は幸せです~』

カテゴリ:
ssです。
講談社Kラノベブックス、
10月新刊担当作の特典情報ご紹介です!

★戦場の聖女 ~妹の代わりに公爵騎士に嫁ぐことになりましたが、今は幸せです~

鬱沢色素先生と、
呱々唄七つ先生による新シリーズ!
朱城怜一 先生によるコミカライズも好評連載中です!


----------
いくつもの命が散る戦場。
フィーネは軍医として、その過酷な環境下で働いていた。
そんなある日、公爵騎士のレオンが戦場で負傷し、運び込まれる。
それに対応したのは、教会から派遣された聖女コリンナ。
彼女はフィーネの実の妹であり、家族からの寵愛も受けていた。
しかしコリンナは、レオンの惨状に悲鳴を上げて逃げ出してしまう。
そこで代わりに対応したフィーネは、顔色一つ変えずにレオンを見事に治癒した。
数日後、フィーネはレオンから結婚を申し込まれる。
レオンの目的はあくまで彼女の治癒の能力であり、そこに愛はない――そう思い込むフィーネ。
だが、実はレオンは彼女のことを溺愛していた。
「君に助けられて、俺が目を開けた時――君の姿はまさしく聖女のようだった」
やがて、フィーネの規格外の治癒魔法が、世に知れ渡っていくことになり……!?

----------

メロンブックス様
呱々唄七つ先生描き下ろしイラスト鬱沢色素先生書き下ろしSSペーパー】
senjounoseijo_melon_blogsam


----------
『元気の薬』

「フィーネのところに行こうと思う」
 俺がそう告げると、アレクは「なっ……!」と顔を驚愕に染め、ハンカチを目元に当てた。
「こんな夜遅い時間にフィーネ様のところへ向かわれるとは……つまりそれはそういうことですね? とうとうレオン様もそういう気になられましたか」
「は?」
 いきなりアレクが訳の分からないことを言い出したので、俺は変な声を上げてしまう。
「なにを言っている。看病に決まっているだろう。昨日から、フィーネは高熱で苦しんでいるじゃないか」

----------

ゲーマーズ様
呱々唄七つ先生描き下ろしイラスト鬱沢色素先生書き下ろしSSペーパー】
senjounoseijo_gam_blogsam


----------
『エマは奥様に笑ってもらいたい』

 私はエマ。
 ここ――ランセル公爵家でメイドをしています。
 当主のレオン様は女性に対して無頓着でしたが……とうとうご結婚されたのです。
 お相手はフィーネ様。
 なんでも、伯爵令嬢でありながら軍医をされていたようなんですが、とっても可愛い!
 私のような使用人にも優しいし、レオン様にお似合いです。

----------

また、電子版には鬱沢色素先生書き下ろしSSがつきます!
----------
『悪夢』

「フィーネ! 君とは離婚だ! 俺は聖女のコリンナと再婚する!」
 レオン様は私に向かって、そう言い放つ。
 彼の隣には妹のコリンナが。
 コリンナの腰には、レオン様の左手が添えられている。その様子は仲睦まじく、私なんかよりもよっぽど理想の夫婦だ。
「待ってください、レオン様! 私はあなたに捨てられたら、生きていられなくなります! どうかご慈悲を!」

----------








どうぞよろしくお願いいたします!

このページのトップヘ

見出し画像
×